松尾芭蕉が教えてくれたこと ~本質は自ら学ぶしかできない~

松尾芭蕉が教えてくれたこと ~本質は自ら学ぶしかできない~


  
『古池や蛙飛び込む水の音』

この松尾芭蕉の句は有名ですが、
ある人物が付けた下の句があるのはあまり知られていません。

これが下の句が付いたものです。
 
『古池や蛙飛び込む水の音、淋しくもあるか秋の夕暮れ』

どうでしょう。

下の句を付けたことで、より情景が目に浮かび易くなったと思いませんか?

つまり、理解し易くなったのです。

しかし、同時に、困ったことが起きました。
この下の句を付けた人物が考えた情景で、
読者の想像が固定されてしまったのです。

松尾芭蕉は、おそらくあえて下の句を付けないことで、
読む人の想像をかき立てようとしたのかもしれません。

しかし、『古池や蛙飛び込む水の音』
この一文から広く発想できたはずのイメージが
無くなってしまいました。

 
 
これは、古典や歴史書を読む際に私が気を付けていることですが、
興味のとっかかりは、別の人が解説を付けた分かりやすい本、
もっと言えばマンガなどでもかまいません。

しかし、その分かりやすい本、やマンガでは、
別の人の独自の『思考・解説』が加わっていることは否めません。

そのため、本来の著者が伝えたかった内容が、
別の人のフィルターを通したことで固定化されてしまい、
本質の一部しか伝わっていないことになるのです。

そのため、古典に興味を持った後は、原文を、もし無い場合は
できるかぎり原文に近いものを読み、原文の作者の意図、考えに触れないと、
その真意と、思考の広がりが制限されてしまいます。

ご注意ください。

なお・・・今、ちまたで読まれている『孫子』ですが、
あれは、原文ではないという説があります。
 
実は・・三国志で有名な『曹操』が難解だった孫子を
分かりやすく編集したそうです。

しかし、現存している孫子がすでに曹操が編集したものなので、
おそらく本当の原文を読むのはもう不可能なのでしょう。。


本質を突いた本は一般的に漠然としており、
個別具体的なことが書かれていることはまれです。

しかし、何度も読んで、実践を繰り返すなかで、
自分なりに本質に近付けるようになってきます。

つまり、本質に近づくにはやはり実践の中で、
思考錯誤しながら揉まれるしかないのです。

それが、皆さんの事業を成長させる一歩となります。


・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
[まとめ] 本質は自らの試行錯誤の中でのみ掴める。
・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

Googleアナリティクスセミナー

経営に活かし、売上を上げるためのGoogle Analytics の実践的な使い方を学んでみませんか? 実際に画面を操作しながら、どこをどうすればよいのか、みっちり指導いたします。 ぜひご参加ください。
対象
  • ただ眺めているだけでこれで良いのか不安な方
  • どうやって結果につなげてよいかわからない方
  • 設定に関して気にしたことがない方
  • 実際、何ができるのか分かっていない方
  • Google Analyticsの使い方に自信のない方
  • なんとなく我流でGoogle Analyticsを学んできた方


Googleアナリティクス入門講座

Googleアナリティクス実践講座

Googleタグマネージャー実践講座

SNSでもご購読できます。


TwitterLogo_#55acee FB-f-Logo__blue_50 follow us in feedly btn_g+normal
サブコンテンツ

このページの先頭へ