希望と予測の混同の危険性 ~幻の台湾沖航空戦~

希望と予測の混同の危険性 ~幻の台湾沖航空戦~


太平洋戦争末期の1944年10月、
新聞に大きな戦果が掲載されました。

『台湾東方沖にて、
 米軍空母19隻、戦艦4隻、撃沈破45隻
 敵の兵力の過半数を壊滅』

これがどのぐらいスゴイのか、簡単に言いますと、
『米軍の太平洋艦隊のほぼ壊滅』を意味します。

当時、日本はすでに制空権を失い、昼も夜も関係なく空襲に見舞われておりました。

そんな中の大戦果です。
国民の心は大いに沸き立ちます。

形勢逆転か!?

期待に胸を膨らませたその8日後、
米軍の大規模艦隊がフィリピンレイテ島に上陸を始めました。

驚いたのは国民。。

ではなく、なんと大本営(日本軍の総本部)でした。。

実は、台湾沖での戦果は、誤報でした。。

誤報と言えばまだ聞こえが良いでしょう。

もっと正確に言うと、

現地部隊は『希望的結果』を上司に報告していたのです。。

当時の日本の情勢を示す資料が残っております。

そこには、パイロットの技量を最高Aから最低Dまでで評価しているのですが、
度重なる戦闘で熟練パイロットは減少し、
最高のA評価はたったの15%強、全体の40%は初心者レベルのD評価でした。

こんなレベルだと、昼間の出撃では的にされるおそれがあるので、
夜間の出撃となりました。

しかし、CやD評価のパイロットには、夜の暗闇で艦船を見つけるのも困難です。

さらに、もし艦船を見つけ、攻撃することができても
攻撃が当たっているのかどうかもよく分かりません。

すると、こんなことが起きました。

出撃して帰還したパイロットにヒアリングを取ります。

パイロット
『大きな水柱が見えた気がします。』
『大きな音と火炎が見えたような感じです。』
『敵艦船の真上から爆弾を投下したはずです。』

上司
『なるほど!
 ということは撃沈に違いない!
 最低でも大破(大きな損害)は与えただろう!

さらに。。

出撃した航空機は90機以上だが、帰還したのは50機。
そんな時には、

上司
『なるほど!
 そんなに“激戦”だったということは、
 敵にも相当の損害を負わせた“はず”!

と、あれよあれよと希望的観測で戦果が積み上がっていきます。

気がつけば、

『台湾東方沖にて、
 米軍空母19隻、戦艦4隻、撃沈破45隻
 敵の兵力の過半数を壊滅』

となってました^^;

オイオ~イ・・

結果を見る時、特に悪い結果が予想される時というのは、
確認するのに勇気がいりますよね。

でも、そんな時こそ正確に数字を取らないと、
もっと悲惨な目に遭うこととなります。

結果的に当時の日本軍も予期せぬ米軍の大艦隊の来襲により、
レイテ島は2ヶ月足らずで陥落することとなります。

傷を見る時は、正確に、そして早く上司へ報告しましょう。

それが、皆さんの事業を長く成長させる一歩となります。


・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
[まとめ] 希望的観測は倒産への第一歩。どんな結果であれ受け入れる。
・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

Googleアナリティクスセミナー

経営に活かし、売上を上げるためのGoogle Analytics の実践的な使い方を学んでみませんか? 実際に画面を操作しながら、どこをどうすればよいのか、みっちり指導いたします。 ぜひご参加ください。
対象
  • ただ眺めているだけでこれで良いのか不安な方
  • どうやって結果につなげてよいかわからない方
  • 設定に関して気にしたことがない方
  • 実際、何ができるのか分かっていない方
  • Google Analyticsの使い方に自信のない方
  • なんとなく我流でGoogle Analyticsを学んできた方


Googleアナリティクス入門講座

Googleアナリティクス実践講座

Googleタグマネージャー実践講座

SNSでもご購読できます。


TwitterLogo_#55acee FB-f-Logo__blue_50 follow us in feedly btn_g+normal
サブコンテンツ

このページの先頭へ